東京都港区赤坂5-4-8
クレールタイヨービル2F
(1Fは福砂屋 赤坂店)

その他(めまい、いびき、予防接種など)

その他の疾患について

1:風邪

鼻やのどは吸い込んだ空気が最初に通る場所であり、風邪などの感染症や花粉症などのアレルギーはまず鼻やのどから起こることが多いです。風邪を発端に扁桃炎、咽喉頭炎、副鼻腔炎、中耳炎などに進展する場合があり、鼻やのどの痛みが中心の場合は、耳鼻咽喉科への受診をお勧めします。鼻からのどにかけては耳鼻咽喉科の専門領域です。専用の道具で見て直接処置ができます。

注:耳、鼻、のどに痛みのない高熱や深い咳は耳鼻科系の病気ではないことが多いため、まずは内科に受診してみてください。特に熱だけ、咳だけ、の場合は耳鼻科の検査機器では疾患を特定するのは困難です。

風邪をひきやすい方への生活習慣の見直し、漢方薬などの相談も行っています。

2:めまい

めまい

めまいは体の平衡を調整するバランスが崩れた時に起こります。
人は自分の周囲の空間や位置を目・耳(平衡感覚を感知する三半規管や前庭は内耳にあります)・手足の皮膚や筋肉や関節などで感知し、その情報を脳に伝え、脳で統合し、微妙な体のバランスをコントロールしています。この仕組みのどこかの具合が悪くなると、バランスがとれなくなりめまいが起こります。
めまいにも様々なめまいがあり、回転性めまい(目がぐるぐる回る感覚)浮動性めまい(ふわふわするような感覚)、血の気がひくような感覚や脱力感をめまいと感じる方もいるようです。
耳鼻咽喉科ではその中で三半規管や前庭などの内耳が原因となるめまいの診断、治療を行っています。当院で診断がつかないめまいは精密検査(平衡機能検査など)を受けていただくために虎の門病院などに紹介いたします。

※注:めまいや吐き気以外に、意識障害、激しい頭痛、手足のしびれ、手足の動かしづらさ、呂律が回らない、物が二重に見えるなどの症状がある場合は脳梗塞や脳出血などの頭の病気が疑われます。この場合は診療所(クリニック)ではなく、迅速に病院の救急科や脳神経外科、脳神経内科を受診してください。
また、当院は診療所であり入院施設はありませんので、立てない、歩けないなどの症状がある方は病院への受診をお願いしております。
上記のような症状の併発がない方は当科を受診していただき、原因を精査し、治療を行っていきます。耳鼻咽喉科領域以外の原因が疑われる場合は適切な専門科をご案内いたします。

めまいを起こす代表的な耳鼻科疾患

良性発作性頭位めまい症

めまいを起こす病気の中で比較的よくある疾患で、内耳にある耳石器から耳石が剥がれ、三半規管の中に入り込むことによって発症します。
特定の頭の位置の変化(例えば寝返りを打った時、頭を洗うために下を向いた時、ベッドから起き上がった時など)により出現するめまいです。ぐるぐる目が回る感覚が強いため、恐怖感や不安感、吐き気を伴ったりしますが、聴力には問題はありません。
耳を原因とするめまいのなかで最も発症数が多く、治る疾患です。

メニエール病

メニエール病は、めまいを起こす疾患の代表的な疾患です。疲れ、ストレスが多い時に起こりやすいです。典型例では突然ぐるぐる回るめまいや吐き気、耳鳴り、耳閉感、難聴の発作が生じたり、消えたり、繰り返し起こる症状です。通常一回のめまいや吐き気は数分から数時間でおさまります。非典型例ではめまいや吐き気だけが繰り返し起こるタイプと、耳鳴り、耳閉感、難聴それぞれが繰り返すタイプがあります。この病気は上記のような発作を繰り返し、やがて耳鳴りや高度の難聴が持続することがあります。発作の無い時は、無症状となります。
内耳のむくみ(内リンパ水腫)が原因と考えられており、むくみをとる治療をおこないます。

前庭神経炎

突発的に、周囲がぐるぐるまわるような激しい回転性のめまいが起こり、数日間で徐々にめまいがおさまってきます。吐き気や嘔吐は起きるが難聴や耳なりは起こりません。
発症する数日~2週間前に、風邪などの上気道の感染症に罹っていることが多く、風邪ウイルスによる前庭神経(平衡感覚を司る神経)の炎症が原因とも言われていますが、詳しい原因は解明されていません。

突発性難聴

突発性難聴でも高度の場合、めまいを伴うことがあります。
早期の治療が大事です。早めに受診してください。

内耳炎

中耳炎などの炎症が内耳にまで及ぶと内耳炎を併発し、めまいを引き起こすことがあります。これも早期に治療を行わないとめまいや難聴が残ってしまう場合があります。
早めに受診してください。

その他の原因

脳腫瘍、脳底動脈循環不全、頭部外傷、薬物による内耳障害、起立性低血圧、更年期障害、自律神経障害、神経症、精神疾患などが原因の場合もあります。

3:いびき、睡眠時無呼吸

いびき

いびき

空気の通り道である気道(口、鼻、のど)が何らかの原因で狭くなることによって、いびきは生じます。狭いところを空気が通ろうとすると、空気抵抗が大きくなり、呼吸をした時に喉の粘膜が振動して音が生じます。呼吸の気流で生じるこの振動音こそが、いびきの本体です。耳鼻咽喉科では内視鏡などを用いて鼻から喉にかけて詳しく観察し、いびきの発生源を特定していきます。
また、いびきがある方は睡眠時無呼吸症候群になっている可能性もあります。

睡眠時無呼吸症候群

睡眠時無呼吸症候群(SAS:Sleep Apnea Syndrome)は10秒以上の無呼吸(呼吸が止まっている状態)が、一晩に30回以上または1時間に5回以上起こることをいいます。
高血圧、心筋梗塞、脳梗塞などを合併する可能性が高くなり、また日中の眠気により交通事故をひきおこす確率も高いといわれています。肥満などによる睡眠中の上気道(空気の通り道)が狭くなることが主な原因とされますが、鼻の構造や顎の形、扁桃肥大など気道を狭くする要因は他にもあります。
耳鼻咽喉科では鼻からのどにかけての上気道の形態を内視鏡を用いて評価します。
無呼吸が認められた場合はC-PAPでの治療となりますが、鼻やのどの治療でC-PAPを使う必要がなくなる可能性もありますので、まずは耳鼻咽喉科にもご相談ください。鼻やのどに無呼吸となる原因がなければ、虎の門病院などの専門外来を紹介いたします。

4:小児の診療について

当院はあまり広くスペースがとれず、おむつ替えのできる場所やキッズスペースはご用意しておりません。診察する場合はお母さんにだっこで体を抑えていただき、看護師が頭を抑えて診察するようにしています。一般的な診察や薬の処方は行っていますが、小児用の体を固定するベッドやネットなどは用意しておりませんので、力が強くよく動いてしまうお子様は処置はできません(鼻吸引程度なら動いていても可能なことがあります)。

5:インフルエンザの予防接種

インフルエンザワクチン

予防接種
接種してから効果が出るまでに2週間ほどかかり、その効果は約3~4ヵ月間持続します。例年通りですとインフルエンザの流行のピークは2月前後ですので、11月から12月に接種を受けることをお勧めします。

    

当院では3歳以上を対象とさせていただきます。
回数は3歳から12歳まで2回接種(2週から4週あけて)、13歳以上は1回接種です。

    

インフルエンザの予防接種は毎年入荷数が一定でないため予約は行っておりません、直接ご来院ください。診察+予防接種を希望の方は通常通り予約を取っていただき、受診時に予防接種も希望とお伝えください。
入荷状況につきましてはホームページ上で随時お知らせしていきます。

     
お問い合わせはこちらから
tel.03-3585-3387
※電話で診療の予約は受け付けておりません

〒107-0052
東京都港区赤坂5-4-8
クレールタイヨービル2F
(1Fは福砂屋 赤坂店)

tel.03-3585-3387

※電話で診療の予約は受け付けておりません

診療科目
耳鼻咽喉科、アレルギー科
アクセス
東京メトロ「赤坂駅」から徒歩30秒
※4番出口を出て右方向へ約50m
 7番出口の場合は出て左方向へ約50m

東京メトロ「赤坂見附駅」から徒歩7分
東京メトロ「溜池山王駅」から徒歩6分
東京メトロ「乃木坂駅」から徒歩10分
14:30~19:00
予約のない方の受付は午前は13:00まで、午後は18:30までとなります。
火曜午前は虎の門病院で診察をおこなっております。
診療時間
9:30~13:30
15:00~19:00

Page top